スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2009年12月09日

身体の硬さ

うちにお見えになる「身体の悩み」を抱えた方々は、その状態に至るまでのいろいろな原因があります。それはその人の生活環境や仕事の環境・姿勢や精神状態など多種多様です。

ですが、歩きがうまくいっていない方や腰痛に悩んでおられる方たちに共通するある項目があります。

それはタイトルに書いてあるように【身体の硬さ】です。
人間の身体は関節と筋肉と骨でできています。身体が硬いという言葉から骨が関係あるように感じられる方が多いようですが、関節と筋肉が関係しています。

関節と筋肉ともに可動域というモノがあります。
可動域とは何でしょう? 
それは、動かすことができる範囲のことです。
例えば肩の可動域が小さくなれば、肩が上がらなくなったり腕が上がらなくなったりしますし、股関節や膝の可動域が小さくなれば足が上がらなくなったり上がりにくくなるので歩きに影響が出ます。
例にあげた肩も股関節も膝も筋肉と関節でできています。
本来伸びるはずの筋肉が伸びなくなると、それ以上(もとの通りの動きでも)のばそうとすると痛みを感じます。
人間は無意識に痛みを避けますから、動かさなくなりそのまま動かなくなっていきます。

もちろん根本原因として【脳】の働きを【身体】に伝える経路としての【上部頸椎】にズレが存在していたという経緯はありますが、身体が硬いと言うことはけっこう生きていく上で致命的な部分になると思っています。

身体が思うように動かないということはそれだけで憂鬱なものです。
なにより楽に楽しく生きるのが困難になってきます。

あなたの身体は硬くないですか?


posted by 家永 泰寿彦 at 12:59| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

よちよち歩き3

いつも広告を出しているフリーペーパーの担当編集さんが、新人さんを連れて見えました。

来月号の記事について打ち合わせをしていて、ふと「歩き」の話しになり試しにその若い新人さんにその場でスリッパはいたまま歩いてもらいました。

予想通り普通に歩いているのにパタパタとスリッパの音が大きく響きました。

歩くとき十分に足が上がっておらず足を地面に擦りながら歩いているということです。

若い女性のかたでも最近は身体が硬い人が多いので、自分の歩きを含めて全身を見直してみるのもいいかもです。
posted by 家永 泰寿彦 at 16:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。