スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2010年07月24日

身体は十分に動いていますか?

うちには身体に問題を抱えていらっしゃる方々がお見えになります。なんとか治らないものか、楽にならないものかといらっしゃいます。

痛い・しびれるといった症状に隠れているのですが、実に身体が動かなくなっていらっしゃる方々が多いのには驚かされます。

・肩が上がらない
・拳が握れない
・足が上がらない
・うまく歩けない
・首が回らない
・指先がうまく使えない
・寝返りが打てない
・寝るとうまく起き上がれない

これらは、頸椎のズレにより脳の命令がうまく届かなくなった結果起きてしまっています。脳からの命令が連絡経路である首の骨の変位によりうまく伝達されずに末端に届くため、しかもそのためにその末端に痛みやしびれが発生してしまいます。

そのために、100動くはずの関節が80程度しか動かなくなってしまいます。脳は100動けと命令しているのですが末端に届いたときにはそうなってしまっています。


posted by 家永 泰寿彦 at 09:22| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

音楽3

ニューエイジミュージック、日本人で有名な方がいらっしゃいます。グラミー賞に何度もノミネートされてる『喜多郎』さんや『宋次郎』さん『東儀秀樹』さん、古くは『冨田勲』さんもいらっしゃいますね。

この中で端的に身体に良くない音を出している方は『喜多郎』さんと『冨田勲』さんです。お二人ともシンセサイザーで有名な方です。つまり電子音楽ということです。どんなに楽曲が良くても演奏している楽器が電子楽器だと身体には良くないと言うことです。

逆に『宋次郎』さんはオカリナ、『東儀秀樹』さんは雅楽でお二人とも生楽器です。アコースティックな音楽は身体に良いです。

音楽にあえて癒しを求めるなら、生楽器を使ったクラシックや加工してない声で構成されている楽曲が良いです。
posted by 家永 泰寿彦 at 12:55| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

音楽2

ちまたには『癒し』の音楽と銘打ったCD等がたくさん売っています。

前段の話しの続きになりますが、心が癒されるのと身体が癒されるのは似ているようで違いがあります。

オーリングテストの原理から考えていくと、細胞レベルで身体に良い音楽と駄目な音楽が存在します。あくまで音楽の善し悪しではなく身体に良いか悪いかという判定で行くと面白い結果が出ます。

癒しの音楽というと精神的な癒しを欲してる病めるアメリカで一台ジャンルとなっている「ニューエイジミュージック」があります。

Wikiでの定義です。

ニューエイジ・ミュージック (New Age music) とは、リラックスさせる意図や前向きな感情を与える意図を持った、いくつかの異なったスタイルの穏やかな音楽のこと。癒し系。一部のニューエイジ・ミュージックはニューエイジ・ムーブメントと関連付けられるが、ニューエイジ・ムーブメントとの関連がすべてのニューエイジ・ミュージックにあるわけではない。
ハーモニーには一般的に教会旋法や協和音、またはドローンバスが用いられる。メロディは幾度も繰り返される様式であり、それにより催眠感が形成される。トラックや作品全体への導入のため、いくつかの曲は自然の収録音が用いられることがある。作品の長さは最大30分が一般的である。
ヒーリング・ミュージックやイージー・リスニング、または環境音楽などと類似した音楽性を持ち、またジャンルの境界線は曖昧であるため、それらと同一視される事も多い。分類不明なものを後付けでカテゴライズされることも多々ある。
基本的には、静かで抑制された、思索的・瞑想的な雰囲気を持つ、あまり激しくない旋律を持った電子音楽やインストゥルメンタルがこれにあたる。また、楽曲によっては人声を使用するものもある。
主なテーマとして、ニューエイジ的な哲学思想や、神秘主義、あるいは精神的な世界などを題材に持つものがある他、クラシック音楽やワールドミュージック、ジャズ、プログレッシヴ・ロックなどに影響を受けた楽曲が存在している。

次回に続きます。
posted by 家永 泰寿彦 at 10:45| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

音楽

オーリングテストを利用すると、身体によいモノと悪いモノがたちどころにわかります。

それは音楽も同様です。

あくまでも好きとか嫌いではなく、身体に良い影響を及ぼすか害になるかの判断です。ですから、聞くと精神が落ち着くから良いとかそういうことではありません。それは嗜好の範疇に入るからです。

これは再現性が100%でした。

まず身体に悪い音楽とは何かというと電子楽器を使っている音楽は全部駄目です。シンセサイザーをはじめ、エレキギター、エレキベース等電気を介して音を増幅する楽器は駄目です。

クラシックは全部大丈夫です。
要するに生楽器、電気的に加工してない声しか人間の身体は受け付けないと言うことです。

ですからJ-POPだから、駄目とか良いとかではなく、J-POPの同じ曲をアコースティックバージョンと普通のバージョンで比較すると、生楽器しか使ってないアコースティックバージョンは身体によいという結果が出ます。

聞き手の感情とは全く関係がありません。
脳が楽しむというのと身体に良いというのには全く関連がありません。
posted by 家永 泰寿彦 at 13:03| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

O−リングテスト2

残念ながらO−リングテストは、原理が仮説止まりでまだ証明されていません。
ただ再現性は百%ですから、信頼に足るテストとして長年臨床で利用してきました。

面白いのは身体に影響を及ぼすモノなら何でも判定できるという部分でしょうか。
最近『音』が身体に好影響を及ぼすか悪影響を及ぼすかもこのテストで判定できることに気がつきました。

要するに全般的に何でも、身体に入れて良いもの入れてはいけないモノそのどちらでもないモノという判定には最強のテストであると思います。

『音』の話しは次回にすることにします。
posted by 家永 泰寿彦 at 13:42| 福岡 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

O−リングテスト

オーリングテストという技術があります。

端的に言って、その人(被験者)にとって対象物(薬であったり化粧品であったり)が良いモノなのか悪いものなのかを判定できるテストです。

バイ・ディジタル・O-リング・テスト要約 西洋医学の欠点を東洋医学で補い、両者の長所を結合しようというのがニューヨークの心臓病研究ファウンデーション研究所所長の大村恵昭(おおむら・よしあき)教授によって創始・開発されたBi-Digital O-Ring Test(バイ・ディジタル・O-リング・テスト;別名OMURA Test)である。

という事になっていますが、もともと筋力を使ったテストは日本でも古来から行われていますし、大正時代にまさにオーリングテストに酷似した筋力テストを文献にしている女医さんがいたという話しも聞きました。

大村教授が広めたというのは事実です。実際私も大村教授の講演を聴いたのがこのテストを知ったきっかけでありました。

歯科医になって数年してからこのテストを知り、実際に臨床にどんどん取り入れていきました。積極的に漢方の治療法を取り入れ、しかもオーリングテストで薬の選択をするようになってからは外科処置(抜歯など)のあとに患者さんが腫れや痛みを訴えることがかなり減りました。歯科領域で鍼治療や瀉血などの漢方的な治療法を研究している「歯科東洋医学会」という学会があるのですが、その学会での発表などを見ていると西洋医学+東洋医学というのがかなりいろぽすな成果を上げているというのがわかります。

患者さんの症状にあった薬の選択にはこのテストは欠かせませんでした。抗生物質の選択というのは本当のところは誤解を恐れずに言えば「あてずっぽう」なのですが、このテストを使うとその瞬間に必要な薬が的確にわかります。

歯科の診断にも利用していました。

もちろん現在も『顎関節症』やその他もろもろの診断に利用しています。



posted by 家永 泰寿彦 at 14:05| 福岡 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

梅雨入り 梅雨入り

九州地方も梅雨入りし体調を崩されている方がかなり来られました。
特に『顎関節症』があって『歯ぎしり』をされている方々が特にひどく体調を落とされてお見えになりました。

人間は気圧の変化に凄く弱い生き物で、特に気圧がぐーっと下がるときが駄目みたいです。
丁度梅雨入りの頃六月の末ぐらいがそうでした。

歯ぎしりを持っておられる方は、ナイトガードを入れていてもそれ以上の力で歯ぎしりを行っていたようで胸鎖乳突筋がパンパンの状態で来られる方が多かったです。
「首から肩が痛い、重い、はっている。」というように感じられます。

気圧下降が肉体にストレスを与え、それを歯ぎしりで解消するため歯ぎしりが強くなってしまっています。

梅雨入りで体調崩れていませんか?
posted by 家永 泰寿彦 at 13:13| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。