スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2010年08月31日

絶叫マシン

先日夏休み最後の日曜だったので子供たちと遊園地に行ってきました。
ジェットコースターいわゆる絶叫マシンにたくさん乗ってきました。

結論からいうと「絶叫マシンは首に良くない」
通常の生活をしていてはかからないかなりの横Gがかかります。
どういう動きをするマシンかによりますが、ただ上下動したりするものより回転がかかりねじれの力がかかるものが余計に首に負担をかけるようです。
頚椎がかなりズレてしまい、首や肩の筋肉がパンパンに張ってしまいました。

帰るなり子供たちの頚椎の調整をしました。

交通事故のむち打ち症に酷似した症状が出るようです。
とても楽しくはありましたけど、非常に身体には良くない遊びです。


posted by 家永 泰寿彦 at 14:56| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

バレェを習っているお嬢さん

バレェを習っている小学生のお嬢さんがお見えになりました。
お母さんからみて正面から見た姿勢がおかしく感じられるのとバレェの先生に姿勢が曲がっていると常に指摘をされるので首がおかしくないか見てくださいとのことでした。

正面から見て下半身の位置が右に動いていて、上半身はそれをカバーするようにねじれていました。その状態で真っ直ぐ立つために顔を傾けるような姿勢になっていました。

頚椎の一番と二番にかなりの変位が見られましたので、アジャストしました。

術前術後の写真を比較すると一目瞭然で、術後は真っ直ぐきちんと立たれていました。

面白いのはアジャスト後に明らかに運動能力が上がることです。
バレェの練習のように足を上げてもらったら本人が目を丸くするほど簡単に上まで上がりました。
これは可動域が著しく増えたこととと、脳の足を上げるという命令が首の変異という障害が無くなったため、ダイレクトに届いていることから来ています。

頚椎が変位していると、身体をうまく使えなくなってきます。
あなたは大丈夫ですか?
posted by 家永 泰寿彦 at 15:39| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。