スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2010年03月26日

不自然な姿勢4

身体の調子を崩しやすい人は、不自然な姿勢を長く取っている方が多いです。その結果大事な上部頸椎の位置を狂わしてしまい、脳と身体の連絡がうまくいかなくなり不調が訪れます。

ですからその不自然な姿勢をなるべくしないようにすることが大事なのですが、お仕事の場合そうもいきません。ですからお仕事のうえで不自然な姿勢を取る方にはストレッチングをオススメしています。

一方不自然な姿勢というのが思い当たらないとおっしゃる方も大勢いらっしゃいます。それはちょっとした姿勢のつもりだったり本人にまったく自覚がない場合が多いからです。

ずっと患者さんとお話ししていて「あっ」というような感じでお気づきになることも多いです。

例えば、仕事場のパソコンのモニターが左手にあるとか、茶の間でくつろいでテレビを見るときはソファーに寝そべって斜め方向にあるテレビを見ているとか、勉強するときの姿勢がかなり前屈みだったりとか、いろいろな状況があります。

ですから、自分の生活や仕事の上での姿勢を一度見つめ直すことは、とても大事ですし、そういう姿勢を取っている自分を見つけたら不自然な姿勢をなるべくとらないようにしていくことが重要です。


posted by 家永 泰寿彦 at 10:55| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。