スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2010年04月11日

症例レポート6−3【小顔矯正】

顔(頭蓋)を構成する骨は三十数個あり複雑にまるでジグゾーパズルのように組み合わさっています。
いろいろな理由でひとつひとつのパーツの位置がくるってしまい、お顔が変形していることが多々あります。

頚椎の調整により、変位したパーツは元の場所に戻ろうとするのですがなにしろ複雑に組み合わさっているので元に戻る速度は遅いです。
ですから変形がひどい方には、戻りやすいように変位してしまっているひとつひとつの骨を元々あった場所に誘導していきます。

頚椎の調整を行っているので、誘導が可能になっています。
これが当院で行っている【小顔矯正】です。

では変化を確認してみましょう。

t04.jpg比較写真

まず顔全体のむくみがとれています。
それにより、顔全体がひきしまり小さくなっています。

頬骨は下方向に下がりと正面から見て奥に落ち込み、さらに外側に変位していました。
変位を取り去ると頬骨の位置は上に上がり内側に位置します。

その結果、リフトアップ効果が出て頬の筋肉が引き上げられ引き締まります。リフトアップにより表情筋も引き締まり、表情筋にくっついている口輪筋も引き締まるので唇が引き締まります。

口輪筋が引き上げられたことにより口輪筋にくっついている浅頚筋群(喉から首にかけての筋肉)も引き上げられ、顎のラインがスッキリとしシャープになります。

この方の場合、鼻筋も左側に流れていました。
そのせいで多少左右の小鼻の大きさも違っていました。
術後は鼻筋は真っ直ぐに、小鼻は均等になっています。

全体的にリフトアップするために、額の位置が移動します。
その結果、眉山がまったく違った位置に動いてしまいます。
これはもともとのずれてしまっていたお顔で眉を作っているので、本来の場所に戻った眉の位置と作っていた眉の位置が違ってしまったことによります。

眼窩を構成する骨の位置も狂っています。
ですからその狂いが修正されると、ほぼみなさん目がぱっちりとなります。左右の目の大きさが不揃いな方も均等になります。

この処置を行う前には、私はこう言います。
『お化粧が壊れますよ、崩れるのではなく、作った顔と違う顔になります。その結果お化粧は違ったお化粧になります。』

頬骨の位置が変わってしまっているので、チークの位置が全く違ってしまっています。

何故かというと、お顔が左右均等でない場合には眉・アイライン・アイシャドー・チーク等はどちらも均等に見えるように作っていくからです。
高さが違うと低い方を高く見えるように濃くしますし、小さく見える方のラインは厚く引くことになるからです。

ですから左右均等に戻ったとき、お化粧が壊れてしまいます。

あと面白い変化としては、術後の方が髪の毛がまとまっていると言うところでしょうか。レストでベッドに寝ていただいているので術後の写真の方が起き抜けなので髪の毛は乱れているはずですが、素直にまとまっています。
髪の毛の艶まで変わっているのも面白いです。

これは頭皮の位置も本来あるべき場所に戻ったので、髪の毛があるべき姿に戻っている結果です。ごくごく自然に素直に髪の毛が流れています。
まるでブラッシングしてブローでもしかたのようです。

人間が本来もっている姿勢を取り戻すだけでこれだけの変化があります。
この方は術前の写真を見て「残念な自分」とおっしゃってました。

頚椎の調整をすることにより、健康と美を取り戻しましょう。


posted by 家永 泰寿彦 at 12:03| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。