スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2012年01月22日

歩けない

歩くことがうまくいかなくなっておられる方はけっこうお見えになります。

原因はさまざまですが、頸椎のズレ(変位)による自然治癒力の低下というの
が一番の原因です。

次いで、身体をねじ曲げて仕事や家事をしたあとそのねじれを解放していない
というのも原因の一つです。

その結果色々なところを痛めて来られます。
インナーマッスルである腸腰筋、これは腹筋が痛いという表現をされる方もお
られます。鼠径靱帯、これは股関節が痛いと表現される方が多いです。殿筋群
、ここを痛めておられる肩は腰が痛いと表現される方が多いです。膝、膝の周
りの筋群、大腿の筋群、下腿の筋群、足背筋群、アキレス腱等多種多様な筋肉
にトリガーポイントを作って来られます。

痛みが存在すると、通常出来る動作ができなくなります。
これは人間は痛いことを無意識に回避するからです。
例えばよくいわれる四十肩ですが、これは肩まわりのどこかにトリガーポイン
トが発生し、その痛みの点を避ける動きしか出来なくなるので肩が上がらない
ということになっています。

同様に歩くことが出来なかったり困難だったりというのは、痛みの存在がある
からです。

根本原因である頸椎のズレを取り去り、痛みを取り去れば歩くことも普通に出
来るようになるでしょう。


posted by 家永 泰寿彦 at 15:07| 福岡 ☔ | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。