スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2012年03月12日

姿勢を見る

まっすぐ立っているつもりでも、きちんとまっすぐ立つことが出来て
いる方は少ないです。正面から見てどちらかに傾いているか、まっす
ぐ見えてはいますが、身体の体幹を構成する各パーツがジグザグに並
んでいる状態のどちらかです。

特に立っているときには、垂直に重力がかかっているので歪みも縦に
つぶされてしまって見つけにくくなっています。

ですが、ベッドや畳に横たわると体軸に垂直な力から解放されます。
先ほど述べたつぶされた歪みがあらわになります。

sisei001.jpg

sisei003.jpg

ssei002.jpg

頸椎がずれていると身体をまっすぐできません。
この写真の方達は、みなさんこのベッドに「まっすぐ寝そべっている」
つもりです。本人にいまきちんとベッドにまっすぐ寝てらっしゃいま
すかと問うと自信満々にはい、そうですとお答えになります。

みなさんもやってみてください。
畳の真ん中に身体がまっすぐになるように仰向けに寝そべってくださ
い。このとき両脇を見たり天井のラインを見たりしないで何も考えず
にすっとまっすぐにするといいです。

そして足下から写真を撮ってもらいます。畳がきれいにフレーム
に収まるように撮るとわかりやすいと思います。

これはお家でも出来る簡単な確認方法なのでやってみましょう。


posted by 家永 泰寿彦 at 14:08| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。