スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2009年10月19日

顔の歪み4

顎関節症の方、特に歯ぎしりが原因のかたによく見られるのは「顔の歪み」です。

顔を構成する幾多の骨は、結合組織という繊維で結ばれています。ですから力を一定の方向から長期間にわたって加えると組み合わさっている骨が変位し、その結果顔が歪んできます。

しかし頸椎の調整をした上で、顔の骨の変位を調整していくと顔の骨はきちんと元の本来の位置へと戻ります。
現在、残念ながら「顔や頭蓋を構成する骨が変位し徒手整復で治る」ということは医療の現場では認められていません。

顎関節症の女性の場合、生理痛・生理不順で悩んでおられる方が多いです。これは「顔の歪み」と密接な関係があります。

顔の歪みで一番大きいのは、左右の頬骨の変位です。いわゆる頬骨の位置が左右で違う方が多いです。上下左右前後のいろいろな方向に変位しています。次いで側頭骨の変位も多く見られます。

こういう変位の結果、顎顔面の骨でも表に出てきていない骨まで影響を受けます。

生理をコントロールする脳下垂体は蝶形骨トルコ鞍に位置してますから蝶形骨の変位は、脳下垂体に影響を及ぼし機能を低下させます。

その結果、生理痛・生理不順が起こると考えられます。

顔の歪みを治した女性の方たちは、一様に生理痛・生理不順の悩みからは解放されています。

生理痛・生理不順で悩んでおられる貴女、頬骨の位置はくるっていませんか?


posted by 家永 泰寿彦 at 10:48| 福岡 ☁| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

小顔矯正

先日 若い女性が三人でお見えになって 三人とも『小顔矯正』まで受けられました。

全員で術前術後の写真を見ました。

「きゃー目、目」
「あははは、眉毛!」
「あー ほっぺた変わってる」

面白かったです。

余談になりますが、帰りの車の中で三人で目標体重を決めてダイエットに励むそうです。
posted by 家永 泰寿彦 at 21:28| 福岡 ☁| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

顔のゆがみ3

頸椎の調整をするときに、真上からお顔をのぞき込む形になることがあります。

そうすると『お顔のゆがみ』がよくわかります。

この前重い肩こりと偏頭痛で悩んでおられる女性がお見えになりました。典型的な顎関節症でした。顎関節症でも特に『歯ぎしり』がある方は『お顔のゆがみ』がみてとれます。そのかたも食いしばり系の歯ぎしりをしているようでした。

頸椎調整の折、お顔のゆがみを指摘すると前々から気がついていたけどこういうものだと思ってましたとのこと。
お顔のゆがみとりますか?とお聞きしたところ、一瞬考えられてから承諾されたのでひとつひとつ『ゆがみ』をとっていきました。

50分のレスト後、鏡の前で驚かれていました。
『あれ、目の大きさが同じだ』
『眉山が違う〜』
『頬骨が上がった?』

半信半疑だったでしょ?
はい と言う会話の後。

これどれぐらい持つんですか?
もとに戻ったりします?
どうやったらゆがまないようになるんですか?
生活で気をつけることは?

怒濤の質問が来ました。

上部頸椎調整を行っているので、骨もあるべき場所にきちんと戻ってくれますとお伝えし、ひとつひとつにお答えして、気をつけることもお話ししました。

いい変化を維持したいという気持ちは、自然なものでいいことです。
健康の維持も美の維持も同じです。
多少の気配りや多少の努力は、必要になります。





posted by 家永 泰寿彦 at 11:12| 福岡 ☁| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

姿勢の変化5

新店舗に移って、やりたかったことが規格撮影です。

今までの中途半端にしかできていなかった写真撮影では、姿勢の比較分析が困難でした。

今回分析用にグリッドが入った背面ボードも購入しましたので、術前術後の姿勢の変化が一目瞭然です。

施術後写真をみていただきながら説明をしていて、ほぼみなさんが驚かれるのことがあります。それは、術前の写真で自分が「真すっぐ」立てていないことです。

次いで、術後の写真で背が伸びていることに驚かれます。
施術後50分後でも明らかな変化が見て取れます。

posted by 家永 泰寿彦 at 10:52| 福岡 ☀| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

顔のゆがみ2

お化粧がこわれます。

女性の場合、頸椎の調整をしてからお顔の歪みもとる時にはそう言ってから始めます。

歪んでしまっている「お顔」に化粧をしているわけですから、歪みが無くなると、いわば修正に近かったお化粧は「整ったお顔」にはあわなくなってしまいます。

左右高さが違っていた頬骨にしていたチークが一番目立つ変化でしょうか。次いで眉の形と高さ、そしてアイシャドー・アイラインあたりが明らかに術前術後で見え方がかわります。

鼻筋のラインや頬、顎、首、鎖骨のラインにも変化が現れるので、驚かれるかたが多いです。

目の大きさがそろったと言われるかたもけっこう多いです。

逆に言うとそれだけ、顔に歪みがあっても生まれつきだからとか、顔は変わらないとか思って、あきらめているかたがたくさんいるということです。

美と健康は、密接な関係にあります。
頸椎を調整して健康が帰ってくると、それに伴って美も帰ってきます。
posted by 家永 泰寿彦 at 10:09| 福岡 ☀| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

姿勢の変化4

術後50分ほどレスト(寝て)していただいて、そのあとに術後の写真をとります。

早い人は、この時点で目に見えてわかる変化が出ています。
施術の効果が出る速度には、かなり個人差があるのでみんながみんな目を見張るような変化があるわけではありません。

それでも、正面から見た頭の位置や傾き、肩の位置など見てわかる程度の変化はでています。

写真分析をして気がついたのは、変化の質です。

施術の結果姿勢が変わる=良くなることによって一番感じることは、姿勢が良くなると「美しく」感じるということです。別の言葉に置き換えると「格好良く」見えるともいえるでしょうか。

posted by 家永 泰寿彦 at 11:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

顔のゆがみ1

顔のゆがみに 気がついていますか?

正面から撮った写真の顔の中心に線を引いてみて、左右は対称になっていますか?

顎関節症の患者さんの顎の治療をしていて気がついたのですが、顎関節症の方は高確率でそれ以外の方たちもけっこう上あごの骨が歪んでいます。

歪む原因は、頬杖・片噛み・歯ぎしり・かみ合わせ等いろいろです。

顔、特に一塊の下顎と違って上顎は小さな骨の集合体です。
頭頂骨・前頭骨・鼻骨・・涙骨・篩骨・蝶形骨・頬骨・側頭骨・上顎骨・後頭骨等22個の骨が顔と頭を構成しています。

まるでジグゾーパズルのように縫合とよばれる結合組織で結ばれています。

ですから、前述のような外力で歪んでいきます。

posted by 家永 泰寿彦 at 16:23| 福岡 ☀| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。