スペシフィックカイロプラクティック あとらす

2012年01月20日

自己体験【顎関節症】 その5

スペシフィックカイロプラクティックを受けて身体が変わりました。

一番実感したのはあれだけ朝が苦手だったのに普通に起きることが出来るよう
になったことです。私の場合、かみ合わせに異常はなく歯ぎしりが一番の原因
でした。仕事上のストレスが軽減したこともあり、歯ぎしりが無くなったのか
出る頻度が格段に減ったのか、顎に出ていた異常症状も消えていきました。
今まで感じていた寝ても寝ても寝足りない感覚や倦怠感も無くなりました。

首の痛みや顎の症状が消えたので歯科的な治療はしていません。
歯科治療の必要性の判断は痛みの度合いや消え方でしています。
私の場合消失したので歯科的治療はしていませんが、過去のダメージがきちん
と消失した後もまだ痛みが残っいたり、強い痛みに変化が少ない場合は必須だ
と考えています。

今現在は首や顎に全く症状はありません。
私が患者さんの鑑別診断に利用する顎関節症の患者さんに出現するトリガーポ
イントも全くありません。

自分の体験からですが、顎関節症の治癒にはスペシフィックカイロプラクティ
ックが必須だと思います。



posted by 家永 泰寿彦 at 12:08| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

自己体験【顎関節症】 その3

相変わらず朝起きが苦手という言うのは社会人になっても続いていました。
それでも自力で何とか布団から身体を引っぺがすようにして起き仕事に行く日
々でした。倦怠感や疲労感が強く、いつも疲れている身体でした。
食べるときにごりっごきっというような音、いわゆる関節雑音は出たり出なか
ったりはしていましたがずっと続いていました。

ずっと歯科勤務医をやっていましたが、中間管理職とでもいうべき立場になり
ました。ちょうど40才でした。

ある日朝起きたら、口が全く開きませんでした。

『うわ、顎関節症の開口障害じゃないか・・・。』

口が1mmも開きません。
開けようとすると頬やこめかみあたりに激痛が走ります。
当時はまだ現在やっているようなスペシフィックカイロプラクティックやオス
テオパシーの知識も技術も持っていません。
ただ歯科鍼灸は患者さんに施していましたので、痛みが有る場所や顎関節に鍼
をうち、その上にモグサを焚く【鍼頭灸】でなんとか痛みを消しつつ無理矢理
口を開けていきました。
口を開けていきますが、メリメリと音がします。ほんの少しずつしか開きませ
ん。鍼で痛みは緩和しているものの涙が出るほど痛みがあります。
それでもお腹は減っているので朝食は食べたい。
仕事の時間も迫ってきている。
なんとか2cmぐらいまで開くようになったところで鍼頭灸をいったん中断して
朝食を取りましたが、噛むたびに痛みがあるしジャリジャリとこめかみあたり
から異音は聞こえるという状態でげっそりしました。
出勤してからも仕事の合間にずっと鍼頭灸をやり、症状が治まったのは鍼治療
を始めてから三日目ぐらいでした。
仕事のストレスで【歯ぎしり】がひどくなったとしか考えられません。
posted by 家永 泰寿彦 at 10:25| 福岡 ☔ | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

自己体験【顎関節症】 その2

私は高校生の頃偏頭痛に悩まされていました。
左側の耳の付け根あたりから側頭部にかけての痛みを毎日感じていました。
ズキズキとうずき時々ズキーーンと大きく痛み、その瞬間は動けなくなるぐら
いでした。頭痛の事を家族に話すと、うちは頭痛持ちの家系だからと軽くいな
され売薬の頭痛薬を渡されました。それから高校時代は頭痛薬を携帯する毎日
でした。ただ頭痛薬を飲んでも楽になるのはほんの少しの短い時間で、段々と
飲む頻度が増えてきました。
頭痛持ちの家系という呪文に納得したのか、そういうものだと思い日々を過ご
していました。
当時ものすごく朝起きが苦手で1時間ほどかかる通学をし学校についてもぼー
っとしている状態でした。これも家族や友人の、それって低血圧だからじゃな
いのの言葉にかってに納得していました。
そして当時、首の筋肉がいわゆる【つった】状態になったり、いわゆる【寝違
い】の状態になったことも多々ありました。つるというのはかなり痛みがあり
その部位もいまだに忘れていないぐらいです。
首の横から鎖骨にかけての部分でした。

現在の私が当時の私を診るとしたら、これらの症状を聞いきだけでも【顎関節
症】を疑います。
偏頭痛しかも耳の周りの痛み、これは咀嚼筋群の痛みが疑われます。
首の張りと痛み、しかも部位から診て胸鎖乳突筋が疑われます。
この部位のこういった症状を引き起こす原因として主に前歯中心の歯ぎしりが
疑われます。
朝起きが苦手というのもブラキシズム(歯ぎしり)を原因とする【顎関節症】
を疑うひとつのポイントになります。
posted by 家永 泰寿彦 at 10:23| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

自己体験【顎関節症】 その1

【顎関節症】をお持ちの方がたくさんお見えになります。
しかしご自分が【顎関節症】であるという自覚がある方は少ないです。

実は私もそうです。
私は高校生の時から、偏頭痛持ちでした。
市販の頭痛薬を常に携帯していました。
歯科大学に入学し臨床系科目を学び始める三年生の頃に自分の下の前歯が
かなりすり減っている【咬耗】状態になっていることに気が付きました。
ですが、それと頭痛を結びつけることはありませんでした。

どうしてなのでしょう? 

それは顎が悪いのではないかという自覚をするような症状が出るのが最後に
なるからです。

・顎がカクカクする。
・口を開けるとき痛みがある。
・口がスムースに開かない。
・口が開けづらい。
・口を開けるときゴキッ等の異音がする。

これらの自覚できる、あれ?顎が悪いんじゃないのかなと感じる様な症状が出る
のはかなり後になります。

ではどういった症状が出ていたのでしょうか?

それはいわゆる不定愁訴と呼ばれる多種多様な症状です。
一番多いのは過去の私のように【頭痛】でしょう。
これが鎮痛剤を飲んでもなかなか症状が緩和しない。病院に通っても原因が
わからないとお医者さんを困らせる【偏頭痛】が多いです。
次に頭痛に近いのですが、首の痛みを感じてらっしゃる方が多いと思います。
肩の痛み・背中の痛み・首こり・肩こり・目の奥の痛みというように痛みの
範囲も広がっていきます。

この頃には実は【開口障害】も起こしているのですが、無自覚の方が多いです。
何故無自覚かというと、大きく口を開けるという機会があまりないからです。
無自覚ですが、あくびがきちんと出来なくなっている方も多いです。
最大開口まで持っていくと痛みが出るところまで筋肉に症状が累積しているの
で、身体が無自覚に開けることを拒みあくびを途中でかみ殺すことが多くなっ
ています。
またこのあくびのかみ殺しということを全くの無自覚なことが怖いところでも
あります。

私は歯科医ですが、スペシフィックカイロプラクティックを知らずこの道に入
いらなかったら、顎関節症に対する認識は低かったです。
自分が顎関節症であると自覚したのは開口障害を起こした40代に入ってからと
いうていたらくでした。
posted by 家永 泰寿彦 at 11:25| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

比較写真

今まで術前・術後の比較写真を作るときは結構大変でした。
市販の画像加工ソフトで範囲を指定して切り出し、それを今度は新規画像に
並べて貼り付けて保存するという手間がかかるのでビューワーで比較して
お見せした画像をお渡しするところまではいけてませんでした。
規格撮影なので縮尺は変える必要が無くてもそれなりの時間がかかってしま
うので、今見た比較の写真いただけますか? という依頼にはお答えできて
いませんでした。

なんとかさっと出来るソフトはないものかと、検索していたところやっと希
望にあったものを見つけました。

切り出し加工に特化した「TrimminGo!」
二枚の写真をくっつけることに特化した「jointogether」
色々な画像加工変換が出来るソフトですが合成機能を使って文字挿入を簡
単にやってくる「お手軽画像変換」

この三つのフリーソフトのおかげで1〜2分で比較写真を印刷できるように
なりました。

初診時の方も再来の方にも毎回比較写真をお渡しできるようになりました。
おかげさまで患者さん達に変化がわかると好評です。
ソフトの作者様には感謝しております。
posted by 家永 泰寿彦 at 12:29| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

あけましておめでとうございます。

ブログ更新半年ぶりになりました。

ブログの更新をしていなかったのにはほんの少し理由があります。

身体の不調の原因は、上部頸椎のズレにある。
そのズレを元に戻すことで自然治癒力をあげ、身体の不調を取り去る。
不快症状が減少し消滅する。
これがスペシフィックカイロプラクティックです。

このカイロプラクティックの始祖であるB.Jパーマーの哲学は真理だと
思っています。
しかし、上部頸椎を元に戻したのに症状が改善緩和してこない人たちは
どうなのでしょうか?
この問題というか命題に悩まされ、ここの更新も止まってしまっており
ました。

もちろん私から見ていろいろな部分の改善が見られていても、主訴部位の
痛みが完全に消えていなかったら、それは患者さんにとって治ったことに
ならないと考えるに至ってきました。

今までも不快症状が強い部位は、オステオパシー等の技術で筋肉の緊張を
取ることはしておりました。昨年の年末からは積極的に痛めておられる筋
肉をオステオパシーで改善するようにしてきました。
今までより施術に多少時間がかかるよりにはなりましたが、改善効果が
高いということを実感しています。

本年は頑張ってブログを更新していきますのでよろしくお願いします。
posted by 家永 泰寿彦 at 13:30| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

太った?

お顔の歪みで、顔のライン(特に頬のライン)が下がってしまい
太ったように感じられることがあります。

私が顎関節の治療を行うために、月一回伺っている歯科医院があります。
そこの歯科衛生士さんのお顔が少し丸くなったように感じたので
つきあいが長いこともあり
あれっ 太りました? って失礼なことをお聞きしました。

あー、やっぱりそう見えますか。私も数日前に自分で鏡見てそう感じた
ので体重のチェックしたばかりなんですよ。体重の増減無いんです。

で、診察レベルできっちりお顔を拝見したら、左側の頬骨の位置がかなり
くるっていました。首の調整後顔の骨の位置の矯正を行いました。

丸く見えていた原因の頬骨の位置が内側に戻ったことでスッキリとした
ラインになり、元のお顔に戻りました。

この写真のお嬢さんも、家族や親しい友人にここ二年ぐらい太った太った
と言われるんですよというお悩みでした。
体重の増減は全くなかったそうです。
f.jpg
私は来られた時のお顔もそう太っているとは感じなかったのですが、術前術後の写真を比較してみると
違いははっきりとしています。
胸骨の位置、特に向かって右の頬骨が外側に張り出しなおかつ下に向かって動いていました。さらに
奥に向かって押し込まれるようにも変位していました。そのせいで頬が下がって見えていたわけです。
術後は顎から頬にかけてのラインがスッキリとし、かなり細くなったように感じられます。

お顔が歪んでいるということで、太って見えるというのも困ったものです。
posted by 家永 泰寿彦 at 10:47| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

足先が暖まる

うちにお見えになる女性の方々は【冷え性】の方が結構おられます。

施術後1時間以内に手先が暖かくなってきます。
足の先まで暖まってくるのには個人差があります。
早い方で1時間ほど、遅い方で数時間で足の先までポカポカしてきます。

ベッドに寝ていただいていている間に起きていることなのですが、水分の取りすぎ
でいわゆる【水毒】の常態になっておられる方は、トイレにどんどん行かれることに
なります。2時間ほどの間に4〜5回ほど行かれた方もいらっしゃいます。

冷えの原因になっているのが過剰に摂取した水分の場合、首の施術後回路が繋がった
脳が余剰な水分をださなきゃと判断して、トイレが近くなるようです。

身体が温まり汗までかかれる方もおられます。
「汗なんてかいたの数年ぶりです」という反応も少なくありません。

【冷え性】は改善できます。
posted by 家永 泰寿彦 at 18:46| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

身体に良い音楽

当院ではレスト時にリラックスしていただけるように院内にBGMを流しています。

リラクゼーション音楽というのはそれだけでジャンルがあるぐらいいろいろな音楽があるのですが、科学的な根拠は無いのがほとんどです。たまにα波が出ると銘打った音楽などはありますが、それぐらいしか見かけたことはありません。

うちではO−リングテストを利用して身体にいい音楽かどうかを判断しています。身体にいい音楽を流して音源に向けてオーリングテストを行うと、身体に良い音楽ではオーリングが閉じ、悪い音楽だと開きます。

ここでいう良いというのは、心地よいとか気持ちよいとかそういった主観に基づくものではありません。
心によいではなく身体に良いという判断です。
ですからオーリングで判断をしています。

それでわかったことがあります。

電子楽器を使っているものは全部身体に悪いです。
ですからヒーリング音楽とよく言われている「喜多郎」は全滅です。彼の音楽はシンセサイザーで演奏されているからです。
オカリナの「宗次郎」は身体に良い音楽になります。
なぜなら、彼の演奏はオカリナという生楽器だからです。

ですから、生楽器で演奏されているもの、声だけのいわゆるア・カペラなどは身体に良い音楽です。

クラシックは全般的に身体に良いことになります。


posted by 家永 泰寿彦 at 14:14| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

顔の歪み

小顔矯正という名称でお顔の歪みを治しています。
頸椎の調性を行なって頸椎がアジャストメントすると、お顔も元の位置に戻る力が活発になります。
ですが、お顔は立体に組み合わさったジグソーパズルの様なものなので、そうそう簡単に動いていきません。
ですから元の位置に誘導してあげることが大事です。

元に戻って目の大きさがそろったりリフトアップしたり鼻がまっすぐなったりした方々が口をそろえて言われることがあります。

どれぐらいもちますか?

わたしは貴方次第とお答えするようにしています。
そもそも顔が歪んだ原因をご本人と話しながら探していくのですが、ほとんどの方が無自覚に壊していってます。

頬杖、横寝、うつぶせ寝、歯ぎしり、食いしばり、片噛み、いろいろ原因は考えられます。
ひとつひとつ探していくと、あーーっそれやってるという片が多いです。

机の上で腕を組んでその上に顔を横向きに昼寝をしていた片もいました。
これは本人が気が付くまでにけっこうかかりました。

いつもやっていることだから無自覚なんですね。

貴方も顔が歪む悪習慣ありませんか?
posted by 家永 泰寿彦 at 20:23| 福岡 ☀ | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。